• TOP
  • 国際法政学科

DEPARTMENT

国際法政学科Department of Law, Politics & International Relations

法学・政治学・国際関係学の分野で専門的かつ豊かな学際性を有する研究を行い、それを基に、持続可能な発展と平和・共生社会を可能にするための構想力・実践力を備えた人を育てる。

国際法政学科は、法学・政治学・国際関係学に関する専門的知識を学び、豊かな学際的知を形成しながら、 多様な社会との共生のあり方や持続的発展のための政策提言・発信力、及び平和共生社会を構築できる実践力を持つ人材の輩出を目指しています。 そのため、当学科は、法学プログラムと政治・国際関係学プログラムから構成され、法学・政治学・国際関係学をバランスよく学べるカリキュラムを設けています。

COURSE学科プログラム

法学プログラム

法学プログラム

法学プログラムでは、公法、私法、社会法、国際法などのさまざまな法分野を学ぶことができます。 法は社会の秩序を維持し、正義を実現し、個人の尊厳を守る重要な任務を担っています。

詳細を見る

政治・国際関係学プログラム

政治・国際関係学プログラム

このプログラムの目標は、皆さんが政治や国際関係を幅広く、かつ深く学ぶことによって、日本の社会や国際社会をより良く理解できるようになることです。 理解するためには「知識」も必要ですし、「自分で考える力」も重要です。

詳細を見る

この学科が求める人材像

この学科が求める人材像

法学・政治学・国際関係学などを中心とする社会科学分野の学問を土台として、現代社会における諸問題を総合的かつ体系的にとらえて、問題の本質を見極め、その解決策などを研究していきます。 そのため、当学科は、①人間社会や社会科学への深い関心、②柔軟かつ総合的な思考力、③主体的に学ぶ意欲を持った人材を求めています。

この学科が育成する人材像

この学科が求める人材像

法学・政治学・国際関係学の学びを通して、リーガル・マインドを持ちつつ政治や行政、国際関係に精通する人材を養成し、 地方・国家公務員、マスコミ、法曹、国際公務員、企業の国際職など高度専門職につける人材を輩出することを目指します。

MESSAGE学科長メッセージ

学科長

国際法政学科は、法学・政治学・国際関係学に関して専門的に学ぶことを通じて、リーガル・マインドを持ちつつ政治や行政、国際関係に精通する人の育成を目指しています。 現代社会は、グローバル化や少子高齢化、高度情報化、環境問題の深刻化など、社会が大きく変動・複雑化しています。 そのような中で、社会に対するより専門的な知見と、社会のルール(法)にもとづいた問題解決力(リーガル・マインド)を養うことが、法曹となる人のみならず、すべての市民や職業人に求められるようになっています。 また将来、公務員など公共の利益にたずさわる仕事に就く場合でも、法や制度の知識はもちろん、政治や政策、行政、国際関係に関する幅広い視点から、市民のニーズや問題を的確に把握し、社会的な解決策を立案し、また実践していく力が求められるでしょう。 この新しい学科での学びを通じて、地域社会や国際社会に貢献し、そして個人の尊厳と人権尊重を基礎とする平和共生社会の構築に貢献する主体となって活躍していただけることを願っています。

国際法政学科長高田 清恵
吹き出し