COURSE

哲学・教育学プログラム

哲学・教育学プログラムには哲学と教育学のコースがあります。 哲学コースでは、生と死、人間・世界、知、環境、生命、科学技術等について、文献読解や討論を通じて原理的・本質的な探求を行い、同時に現実との具体的な関わりについても研究します。 教育学コースでは、専任教員の専門である教育社会学を中心にしつつも、教育学部などの教育関係の教員の協力も得ながら、多様な視点から教育に関わる諸問題にアプローチしていきます。

学べる科目

哲学の諸問題、倫理学の諸問題、臨床哲学の諸問題、世界の宗教、教育社会学、学校社会学

進学、就職先

[ 企業等 ]
沖縄電力、沖縄銀行、琉球銀行、JA沖縄、大学事務(琉球大学、沖縄大学)、三井住友海上火災保険、 豊見城中央病院、新垣病院、琉球光和、公文教育研究会、JAL、JTA、JTB沖縄、ジャンボツアーズ、 沖縄都市モノレール、サンエー、琉球イオン、au、ゼンリン、沖縄ゼロックス、ドラッグイレブン 等
[ 公務員 ]
沖縄県庁、沖縄県内市役所(那覇市、浦添市、宜野湾市、糸満市、うるま市、名護市など)、法務教官、沖縄県警、那覇公安調査事務所 等
[ 大学院進学 ]
琉球大学大学院、筑波大学大学院、兵庫教育大学大学院 等

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(公民)

教員一覧

長谷川 裕
教 授教育社会学(現代日本の教育と社会の関係)
寺石 悦章
教 授哲学・人間学・宗教思想・東洋思想
久高 將晃
教 授現代ドイツ哲学・倫理学
吉満 昭宏
准教授現代英米哲学・非古典論理学

MESSAGE教員メッセージ

教員

みなさんはテツガクって、どんなものだと思っていますか。「わかりきっていることを、わざと難しく表現すること」なんて悪口を言う人もいるようです。 私はそれを否定したいのですが、本屋や図書館に並ぶ哲学の本を手にとると「それも否定できないな」という気持ちになります。 たしかに、難しい本が多すぎますね。でもそれは「表現が下手」ということではあっても、テツガクに価値がないとか、役に立たないということではないはずです。 私は、テツガクに初めて出会った皆さんには「テツガクとは考えること」だと説明しています。 「それじゃあ説明になってない」「もっと詳しく」と言われれば、「常識・慣習・権威・文化・伝統‥‥にとらわれずに考えること」だと説明します。 これって意外に難しいことです。というか、日常ではほとんど不可能だと言ってもいい。 私たちの考え方は、社会の常識・慣習‥‥に気づかないうちに染まってしまっているからです。ですからテツガクとは「常識・慣習‥‥との闘い」だと言えなくもありません。 「そこまでして考えたくない」「めんどくさそう」と思う人もいるでしょうね。 でも本当に大切な問題に出会ったら、常識をそのまま自分の答えにすることで、あなたは満足できますか? 本当に大切な問題について、一緒に考えていきましょう。

人間社会学科 教授寺石 悦章
吹き出し