COURSE

社会学プログラム

社会学プログラムでは、社会学・福祉学・マスコミ学の3つのコースを軸としながら、人間と社会・地域との関係や問題を探っています。 少人数教育のメリットを活かし、社会調査実習、福祉施設や相談機関での実習(社会福祉士資格関連)、新聞やTV番組制作実習などの実習科目に力を入れているのが特徴です。 また、アジアからの留学生を多く受け入れ、国際交流を活発に行っています。 平和問題や多文化共生など、沖縄ならではのテーマを十分に学習できる点も、社会学プログラムの魅力のひとつです。

学べる科目

社会学研究、社会学実習、国際比較社会学、社会調査法、 高齢者福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、ソーシャルケースワーク、 マスコミ原論、マスコミ実習 など

進学、就職先

[ 企業等 ]
イオン琉球、NTT西日本、沖縄銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行、コザ信用金庫、 沖縄コンベンションビューロー、沖縄ゼロックス、沖縄セルラー、近畿日本ツーリスト、 JTB沖縄、サンエー、全日空、JA沖縄、りうぼう
[ 公務員 ]
内閣府、国税庁(国税専門官)、家庭裁判所調査官補、裁判所事務官、 沖縄県庁、那覇市役所、宜野湾市役所、浦添市役所、豊見城市役所
[ 社会福祉関連 ]
沖縄県中央児童相談所、沖縄県社会福祉協議会、市町村社会福祉協議会、 沖縄県立若夏学院、介護老人保健施設桜山荘、那覇市立病院
[ マスコミ ]
共同通信、NHK、沖縄タイムス、沖縄テレビ、 関西テレビ、ラジオ沖縄、琉球新報、琉球放送
[ 大学院進学 ]
カリフォルニア州立大学、ハワイ大学

取得できる資格

高等学校教諭一種免許状(公民)、「社会福祉士」受験資格

教員一覧

安藤 由美
教 授社会学(個人の人生、家族、社会の関わりの調査・研究)
鈴木 規之
教 授国際社会学(タイ・ラオス、沖縄のグローバル化)
鈴木 良
准教授障害学(知的障害者の脱施設化と地域生活支援のあり方)
渡久山 清美
講 師ジャーナリズム学(沖縄関連報道の調査・研究)
野入 直美
准教授比較社会学(移動、境界、マイノリティ、共生)
比嘉 要
准教授マス・コミュニケーション学(メディアの社会的影響)
水野 良也
教 授社会福祉学(グループを活用した福祉的援助)
本村 真
教 授社会福祉学(人を支援するための有効な方法)

MESSAGE教員メッセージ

教員

私は社会福祉分野における援助方法について研究しています。 例えば、児童虐待等の被害にあった子ども達を含めて、支援を受ける人の「トラウマ記憶」をどのように理解する必要があるのかについてや、 それを踏まえて具体的にどのような援助プランを立てていく事が有効なのか等についての研究です。 また、支援者自身が健康であることも支援においては重要なので、支援者自身のストレスマネジメント法に関する研究も行っています。 いずれの研究においても実践現場の職員と協同し、フィードバックを得ながら進めることで、実践現場で実際に役立つ研究を心がけていますし、 そのような知識・スキルを大学の講義等を通して学生の皆さんに伝えています。

人間社会学科 教授本村 真
吹き出し